JKKの考え方|JKKの理念

組織は「人」でできている。
今こそ、「人材」から「人財」の時。

人財開発研究所は昭和55年、前代表である牛島日出男による会社創立以来、「我々は組織発展のための材料ではなく、組織に生きる個人として、組織におけるかけがえのない財産であり、ゆえに、人材ではなく、人財である」という考えから、社名を人財開発研究所とし、組織開発と行動科学の応用による研修及びコンサルテーションによって、企業・地方公共団体の組織における「人財開発」支援とそのノウハウの研究を展開してまいりました。

組織における人間的成長と能力開発をファシリテイトする
プロフェッショナル・カンパニー。

人財開発研究所の経営テーマ

  1. 革新の促進
  2. 自由闊達な職場
  3. 達成感の喜び

人財開発研究所では、経営方針として「人間性の追求」を掲げ、上記の3つのテーマのもとに活動しています。

平成20年度の社長交代をうけて、JKKの新たな経営ビジョンを策定するにあたり、基本的な経営に関する価値観として、上記の基本理念を「人間が本来持つ可能性を信頼し、人間の全人的な成長を重視した会社経営とサービスの提供を図る」と意味づけました。

この理念を継承した上で、更に当社の目指す企業としての姿を「組織における人間的成長と能力開発をファシリテイトするプロフェッショナル・カンパニー」と定め、日夜、企業及び公共団体の組織における「人財」の開発と研究に邁進しています。

TEL:03-3351-9360/FAX:03-3351-9708
160-0011東京都新宿区若葉1-22ローヤル若葉403 電話:03-3351-9360 FAX:03-3351-9708