研修事業|自治体向け研修

自治体職員が高めておくべき資質は大きく3つ。

地方自治体が地域と協働して地域の課題を解決し、その地域を更に発展させていくために、地方自治体の職員が高めておくべき資質は大きく以下の3つの領域で整理することができます。

  1. 行政のプロとして政策や行政サービスを提供していくための高い専門知識とスキル
  2. 組織をマネジメントしたり支援する能力
  3. 能力発揮の基盤となる、人としての仕事に向きあう姿勢や自らの立場・役割の理解

人財開発研究所では、さまざまなテーマ別研修や階層別研修プログラムを通じてこれらの3つの資質向上を図り、各地方自治体職員の人財開発を強力に支援します。

組織を伸ばす。
JKKの自治体向け研修プログラム内容。

人財開発研究所では、以下のカテゴリーでお客様のニーズにお応えしていく基本プログラムを揃えています。これらは基本プログラムですので、お客様の研修目的やご要望に応じて組み合わせたり、修正してお客様独自にカスタマイズしたプログラムを提供いたします。

テーマ別研修プログラム

※見たい項目をクリックして下さい。
組織・マネジメント関連スキル
マネジメント基礎研修
初めてマネジメントを行う立場に立つ方を対象に、組織における管理・監督者の任務とマネジメントの原理原則を理解し、習得することを目的としたプログラムです。
リーダーシップ研修(ベーシック)
マネジメントとリーダーシップの違いを理解し、他人に対してどのように効果的な影響力を発揮していくかを学ぶとともに自らがどのようなパワーを行使し、どのように影響しているかを理解するリーダーシップの基本コースです。
リーダーシップ研修(アドバンス・コース)
グループワークを通じて体験的にリーダーシップのスキルアップを狙うコースです。
コーチングスキルアップ研修
コーチングとは「目標達成に向けて、相手の自発的な行動を促進する」コミュニケーションです。
本研修はコーチングの考え方や人間観を理解し、そのスキルを啓発するコースです。
OJTリーダー研修
職場のOJTを推進する役割を担う管理・監督者やOJTリーダーを対象に、職場のOJT推進体制と環境を整備し、実践するスキルを啓発するためのコースです。
OJT推進研修
管理・監督者やOJTリーダーが職場でOJTを実施・推進していくことを支援するためのコースです。
OJTリーダー研修の内容に加え、3ヶ月~半年間の職場実践を挟んでフォローアップを行います。受講者はそこでお互いの悩みや課題を共有し、解決するための相互支援を図ることで、職場内でOJTを定着させることが出来ます。
ファシリテーションスキル研修
職場での会議や集団活動が効果的に機能し、集団を構成するメンバーのリソースが活かせるような集団を運営していくためのファシリテーター(促進者)を育てるコースです。
アクションラーニング
質問型会議手法を取り入れた、問題解決と個々のメンバーのリーダーシップ開発と自律型チームの育成スキルの3つを同時に図る新しい組織学習プログラムです。
人事評価者研修
活力ある組織づくりの根本は、組織の構成員に対する評価が公平・公正・厳正に行われることです。
それには評価する側の者が人事評価の基本を理解し、併せて組織としての評価のモノサシを統一することが必要です。
本研修はケーススタディを通して評価の具体的なポイントを身に付けるコースです。
職場レベルアップリーダー養成研修
職場レベルアップのリーダーとして職場内で研修や訓練を企画・立案・計画・実行し、周囲の職員の行動変革を促進できる職員の養成研修です。
グループ力向上研修
グループとしてビジョンを共有し、そのビジョン実現のために個々のメンバーが出来る役割や行動についての理解を深めるとともに、個々のメンバーの意欲を引き出し、グループ全体を活性化するスキルを啓発する研修です。
リスク危機管理研修
管理職を主な対象として、職場における「リスク危機管理」の見直しを行うコースです。
安全衛生研修
現場を持つ職場で働く上で最優先しなければならないことは、利用者と職員自身の安全を守ることであり、それは日頃の仕事の中で常に意識され、行動として定着していなければなりません。本研修は単に安全に対する意識について講義するだけでなく、演習や行動訓練を通じて安全衛生についての意識を高めていきます。
タイムマネジメント研修
行政改革が進む中、職場の「少数精鋭」を支えるスキルとして欠かせないものがタイムマネジメントです。
本研修はタイムマネジメントの考え方と基本スキルを磨くコースです。
メンタルヘルス研修(セルフケア)
ストレスに関する意識を深め、正しく理解することで心の問題に対するセルフケアを高める研修です。
メンタルヘルス研修(ラインケア)
今日、管理・監督者に求められる労務管理上の大きな課題の一つであるメンタルヘルスについて、その必要性について理解を深め、対応を学ぶ研修です。
管理監督者カウンセリングマインド啓発研修
管理職や職場のリーダーとして、労務管理や職場の対人関係上の問題解決をする上で必要な傾聴の基本を学ぶコースです。
ハラスメント防止研修(一般)
職場内におけるハラスメントは当事者間の関係だけではなく職場環境全体をも悪化させます。
職場でのハラスメントを放置すれば、管理責任を問われるケースへ発展するリスクもあり、また同時に職員の生産性の低下や多くの弊害を生じさせます。本研修では一般職向けにハラスメントの理解を深めるとともに、ハラスメント撲滅に向けて取るべき行動を考えていきます。
ハラスメント防止研修(管理監督者向け)
職場にはそれぞれ異なった時代背景や環境で成長した多くの人が集まっており、そこでは誰でもが気持よく仕事ができることを望んでいます。管理監督者として「相手の意思に反して不快や不安な状態に追い込むハラスメント」がもたらす経営リスクを理解し、未然に防ぐ回避法、またハラスメントが起こってしまった時の対処法を学んでいきます。
政策形成・業務改善関連スキル
政策形成研修(基礎)
政策形成が必要になってきた背景や、政策や政策形成について理解を図るための政策形成の入門コースです。
政策課題ディベート研修やロジカルシンキング研修等と組み合わせることも可能です。
政策形成研修(問題解決アプローチ)
政策形成の最も基本的となる問題解決アプローチの考え方と手法を体験的に理解していくコースです。
すでに発生している政策課題に取り組む時や、政策形成を始めて学ぶ方に適したプログラムです。
政策形成研修(戦略型アプローチ)
戦略モデルによる政策形成の考え方と手法を体験的に理解していくコースです。
未来志向・機会開発志向で政策を立案していくスキルを習得したい方、問題解決型は既に学んだという方に適したプログラムです。
ロジカルシンキング研修
問題発見、問題分析、施策立案等の場面で必要となる思考力の向上を図ります。
政策課題ディベート研修
具体的な事業案の是非をディベートする過程で、政策形成や業務改善に必要な能力を総合的に開発していくコースです。
政策課題研修
新しい公共や戦略的行政マーケティングの視点に立って展開する中・長期型政策課題研修です。
市の基本構想・基本計画やトップ方針、現行事業との整合性を確認しながら、今後、取り組まなければならない政策課題を解決する施策体系と新規事業を提案していく実践的コースです。
行政評価理解促進研修
NPM(新しい行政経営)の考え方を背景に、行政評価の意義や目的、その基本的な考え方の理解を深めるコースです。
業務改善展開スキル開発研修
具体的な職場の改善課題を明確にし、職場での日常業務を通じて展開していく能力を開発していくコースです。
業務改善実践研修
具体的な職場の改善課題を取り上げ、職場での日常業務を通じて実践し、成果を上げていくことを目指すコースです。
個別行政サービス関連スキル
ビジネスマナー研修
職場での良好な対人関係を築く上で不可欠な接遇マナーの基本を学ぶコースです。
CS(住民満足)研修
地方自治における住民満足(CS)と住民サービス(CS)の理解促進と問題意識の啓発を図り、職員と住民の双方が満足度の高さを感じられる行政組織の構築を目指すコースです。
クレーム対応研修(基礎編)
クレームに対する基本知識や考え方を学ぶとともに、具体的な対処法を習得するコースです。
お客様対応実践研修
地域住民との信頼関係を深め、良きパートナーとなっていただくために、組織的にお客様対応のレベルアップに取り組む7回の実践コースです。
プレゼンテーション研修
地域住民への説明責任を果たすためにも、また政策を実現するためにも、プレゼンテーション力は行政マンにとって必須能力の一つと言って過言ではありません。
本研修は演習とフィードバックを効果的に取り入れた、即効性のあるプレゼンテーションスキルアップのプログラムです。
カウンセリングスキルアップ研修
現実的にカウンセリングスキルを必要とする福祉現場の方やカウンセリングマインドコースを修了した方が、さらに一歩踏み込んで専門的にカウンセリングの基本を学ぶコースです。
アサーショントレーニング
住民の方との接客場面や職員同士の関わり等の場面において、お互いが建設的な人間関係を築いていけるために、さわやかで自他ともに尊重された自己表現スキルを身につけるコースです。
メンタル不調予防やハラスメント予防の効果も期待できるコースです。
折衝交渉力研修
交渉を通じて建設的に問題解決を図るために、“WIN-WIN”交渉の考え方を中心に、交渉力の向上を目的としたコースです。。
キャリアデザイン関連
キャリアデザイン研修(ベーシック)
自律的な人材の育成の要となるものがキャリアデザインであり、本研修はその基本プログラムです。
自己選択と個の尊重を研修の基本理念において、ワークライフバランスを視野に入れつつ、地方自治体職員としての自律的なキャリアをデザインするコースです。
キャリアデザイン研修(ファーストステップ)
入庁後から今までの成長を確認するとともに、自律性の高い職員を育成するための第一歩として、地方自治体職員としての自分自身の将来ビジョンを考え、1年後の自己啓発目標と行動計画を設定するコースです。
キャリアデザイン研修(10年目の働き方)
従来のキャリアデザイン研修の内容に加え、各職種・職層から選出したパネラーによるパネルディスカッションを行い、自らが所属する組織の中での多様な働き方について検討し、ロールモデルを見出すプログラムです。
キャリアデザイン研修(ベテラン職員のモチベーションアップ)
職場のベテラン職員として、働くことに対するモチベーションを喚起するとともに、職場に対する貢献とワークライフバランスの中から、組織にとっても、自らにとっても幸せな働き方について考えるコースです。

階層別研修プログラム

※見たい項目をクリックして下さい。
階層別研修
新規採用職員研修(I部)
「鉄は熱いうちに打て」の言葉通り、入庁時の研修は地方自治体職員としての基盤を確立する最も大切なものです。
社会人、組織人、地方自治体職員としての自覚を高めると共に、住民起点の行政サービスについて意識付けを行います。
そして地方分権の時代にふさわしい自律性・主体性の高い職員としての基盤をつくります。
新規採用職員研修(II部)
入庁後、半年ほど経った時点で行う研修です。自らの成長や課題を明確にすると共に、組織の中で期待されている役割や行動についての理解を深め、職場への適応を促進します。
新規採用職員研修(III部)
入庁後1年が経過する前、新人期間を終了する時期に行う研修です。この1年間の成長を確認するとともに、自律性の高い職員を育成するための第一歩として地方自治体職員としての自分自身の将来ビジョンを考え、1年後の自己啓発目標と行動計画を設定するコースです。
職場受け入れ研修
新規採用職員の入庁にあたり、受け入れ職場の上司と指導員に対し、OJTに対する理解を図り、それぞれの担うべき役割を明確にすることにより、育成態度の確立を図ります。
指導育成員研修(前期)
新規採用職員の指導育成に直接かかわる職員を対象とした研修です。OJTを効果的に実践するために必要なスキルを学びます。
指導育成員研修(後期)
新入職員の成長と課題を確認するとともに、指導育成上の課題を共有し、後期の新人育成の方向性を明確にするプログラムです。
採用2年目職員研修
入庁後2年目を迎え、仕事にも慣れ気持ちが緩みかねない時期です。もう一度、仕事の基本の原点に立ち返るとともに、コミュニケーション能力の向上を図り、業務遂行能力の更なる飛躍を目的としたコースです。
現任職員研修
若手中堅職員としての期待役割を明確にし、それらに応えられる主体的行動力と対人関係能力の向上を目指すコースです。
主任昇任時研修
職場の中核職員として、豊富な経験と卓越した業務知識を活かして、職場の問題を発見する感性を高めるとともに、当事者意識を踏まえた課題形成と課題解決のための行動力・実践力を身につけることをねらいとしたコースです。
再任用職員研修
職員定数の削減と職員の高齢化が進む中で、豊富な経験と業務知識を持った再任用職員をいかに戦力化していくかは、今日の地方自治体の職場経営の重要課題の一つです。再任用にあたり、その職員が持っている資源に気づき、建設的な意欲を引き出すことをねらいとしたコースです。
係長即戦力化研修
係長昇任を前にした職員を対象に、監督者としての任務や役割、及びマネジメントの基本を理解・修得し、役割に相応しい実力を集中的に養成するコースです。
係長昇任時研修
係長として求められる組織に対する理解やマネジメントの基本についての理解を図るとともに、係長としての自覚とリーダーシップを高めるコースです。
現任係長研修
職務遂行上求められるマネジメントスキルについて再点検するとともに、職場の問題解決能力と管理能力を高め、部下育成の重要性を認識し、そのスキルの向上を図るコースです。
管理職研修(課長級)
管理職としてのマネジメントのあり方と自らの役割を明確にし、その実践力を高めるコースです。
管理職研修(部長級)
部長級管理職としてのマネジメントのあり方と自らの役割を明確にし、その実践力を高めるコースです。
Adobe Readerダウンロード
このページの資料をご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードの上ご利用ください。
TEL:03-3351-9360/FAX:03-3351-9708
160-0011東京都新宿区若葉1-22ローヤル若葉403 電話:03-3351-9360 FAX:03-3351-9708